案外と皆さんが気づかない苦労に、完成体の『発送』があります。
 壊さぬように送り届けるには、かなりの神経と労力を使うのです。今回は、この辺りの事を事例をあげて御案内いたしましょう・・

 完成体はクロネコヤマトの宅急便で配送していますが、配達中の破損をまず考慮しなくてはいけません。
 直接荷物を預かってくれる担当者の方がいかに丁寧であっても、その後の積み替えや移動中の微妙な振動によって完成品が壊れる恐れがあります。
「ワレモノ注意」のシールを貼ってもお守り程度の効き目しかありません。
 私事で恐縮ですが、宅配で、へこんだコンピュータや象にでも踏まれたようなVTRテープが届いたことがあります。
 ワンフェス会場から自社宛に送付した「手渡し」のシールを貼った完成体入りの荷物を、それが小さなモノだったからでしょうか、S急便の配達の人が、彼の手の中でクルクル回しながら持って来た事もあります。なるほど、手渡しはされましたが、手の中で箱ごとクルクル回転させられたのでは、ワヤクチャです。

 保険をかけての送付もありますが、保険の適用は20〜30万円までが限度です。それ以上の価格の物品を送る場合は別途保険を掛ける事が出来ますが、かって放送局勤務の知人が業務用のVTRテープを1本送るのに500万円の保険をかけたところ配達に2万円ほどかかりました。通常なら1000円ほどですが・・ 保険をかけると審査の時間や手間が結構かかります。
 しかも、保険をかけたからといって・・ 壊れない保証はまったくない訳でして、上記のようにクルクル手の中で回されながら運ばれるかもしれません。
完成体の発送は苦労します
 ともあれ、発送時の荷造りを丁寧かつ慎重に行うというのが荷物送付の鉄則です。
 梱包材としては発泡スチロールなどを通常使いますが、完成品の場合に限っては振動で表面に傷が入る事があります。
 銀英伝の艦船を例にあげると、発送には主としてスポンジ状のウレタンシートを用います。スポンジとはいえ、これも結構堅さなどに違いがあるので送るものによって最適なものを用意します。

 アルバの艦船は全て台座がついています。 この台座を固定する所からスタートです。
 厚手のダンボールを用意し、収納するダンボール箱にサイズをあわせます。箱の底面とピッタリ符合するサイズにダンボールを切る訳です。
 このダンボールに台座の外周をけがき、周囲をスポンジで覆っていきます。糊付けするのです。
 台座がスッポ抜けないだけのスポンジで底面を覆うと、次に、 艦体が少し浮く状態になるようにブロック状に切断したウレタンを艦船の下に差し込んでいきます。
 台座と艦船は真鍮棒でジョイントされていますが、トラック輸送による微振動をあなどってはいけません。振動でジョイント部分が徐々に拡大して、最後には、ジョイントが外れるという事態が生じたりするのです。
 そのために、艦船の重量をジョイント棒に集中させないようにせねばなりません。スポンジを敷き詰めるようにして重量の拡散をはかります。
  御承知のように、同盟側艦船の多くに、メタルパーツやエッチングパーツの突出部分があります。これにはスポンジが触れないよう厳重に注意しなければいけません。
 柔らかなスポンジもパーツ破損の凶器になるのです。
 激しい衝撃もさる事ながら、繰り返し繰り返しの微震動も危険なのです。
 下部の固定が終わったら横方向の固定をします。
 左右に展開したアンテナ等には、やはり、触れないよう注意が必要です。
 こうして周辺をスポンジで覆った状態でダンボール箱に収納します。
 箱にぴったり合せていますから、箱を回転させても完成体は落下したりはしません。
 大丈夫! 大丈夫!!
 しかし、極度の回転も考慮せねばいけませんから、押さえとしてのスポンジを用意します。
 完成体の、触れても構わぬ部分に押さえのスポンジを配置し、そのスポンジが動かぬよう箱のフタの部分に貼り付けます。
 これで、やっと、完成体を箱に収納しました。
 左の写真のように、ややイビツな形の箱になりました。
 で、この箱をさらに別のダンボール箱に入れます。
 左右上下にユトリをもたせ、緩衝材を入れた上で、箱の中に箱をいれます。
 衝撃を分散させたり吸収させたりの防備としての二重箱なのです。
 小さな完成体でも結構大袈裟なサイズの梱包箱になります。

 最後に、「
ワレモノ注意」のおまじないシールをペタペタ貼って、これで完了です。
 やれやれ (^_^;) 梱包作業だけで2時間近くかかります。
 こうして運ばれた完成体ですが・・ 取り出しにも注意が必要です。
 いきなり引っ張り出そうとして、アンテナが折れたとか、羽根が曲がったとか・・ (^_^;)
 ですから、どうか慎重に、焦らずに、
ユックリと、箱から出してやってくださいますよう、お願いいたしますね。
 無事に箱から取り出せたら、もう大丈夫! お好みの場所へ完成体を飾ってください。

 以上、長々と完成品送付の実体についてお知らせしました。
 完成体オーダー時の不安の解消になれば、幸いであります。
   
go to ALBA top page